<< <訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞) | main | 菅首相会見詳報(3)「仙谷氏は煙たい存在」(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「あかつき」打ち上げ成功 日本の存在感示せるか(産経新聞)

 日本初の金星探査機「あかつき」と、世界で初めて宇宙空間での“帆走”を目指す宇宙ヨット「イカロス」が、金星に向かって飛び立った。H2Aロケット17号機による打ち上げは成功したが、両機の正念場はこれからだ。

 金星の気象観測を目指すあかつきにとって大きな関門となるのは、周回軌道への投入だ。地球から電波が届くのに時間がかかるため、搭載した機器で自律的に状況を判断し、金星の重力圏に飛び込んでいく。

 日本は平成10年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」で周回軌道への投入に失敗した。この失敗以降、月探査機「かぐや」や6月に帰還する小惑星探査機「はやぶさ」で軌道制御の経験を積んできた。

 あかつきが金星付近に到達するのは12月。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の開発チームは「軌道投入が一番のヤマ場」と位置づける。

 あかつきとほぼ同じ航路を進むイカロスは、約14メートル四方の帆の展開が成功の鍵となる。

 円筒形の機体を回転させ、遠心力を使って樹脂製の膜を開く独自の方法を採用。回転速度を毎分5回転から25回転へと段階的に上げ、数週間後に完全に帆を広げる。展開後に薄膜太陽電池による発電を行う計画で、JAXAはここまでを最低でも成功させたい「ミニマムサクセス」としている。大きく広げた帆で太陽光を受け止め、燃料なしでの航行技術を実証できれば大成功(フルサクセス)だ。

 米国が火星探査を目標に掲げるなど、惑星探査は今後の宇宙開発の大きな柱となる。あかつきとイカロスを成功させることは、宇宙開発における日本の独自性と存在感を示すことにもなる。(中本哲也)

【関連記事】
宇宙ヨット「イカロス」も予定軌道に入る
H2A「ほぼパーフェクト」…打ち上げ成功で安堵の種子島センター
あかつきの分離画像を公開
金星探査機「あかつき」を打ち上げ
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動
中国が優等生路線に?

従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日(毎日新聞)
学校給食はワンダーランド 「焼きそばと生クリームパン」「うどんとたこ焼き」(J-CASTニュース)
口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 03:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
オークス
探偵社
日本ダービー
2ショットチャット
主婦 キャッシング
携帯ホームページ
携帯ホームページ
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM