スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


菅首相会見詳報(3)「仙谷氏は煙たい存在」(産経新聞)

【首相の仕事】

 「そして、私、首相としての仕事は何なのか。この間、テレビなどを少し見ますと、私が任命をした閣僚や党の新しい役員が、それぞれマスコミのみなさんの取材を受けて、いろいろな発言をしているわけです。どうですか、みなさん。そういう、私よりも10歳、20歳若い、そういう民主党の閣僚や党役員の顔を見て、声を聞いて、『ああ、こんな若手が民主党にはいて、なかなかしっかりしたことを言うじゃないか。なかなかこれならやってくれそうではないか』、そういうふうに思っていただけたんじゃないか。私は鳩山由紀夫前首相とともに、1996年に旧民主党をつくり、98年に新たな民主党、初代の、初代の代表となりました。その後、小沢一郎前幹事長の率いる自由党と合併をして、今の民主党になったわけでありますけども、そこにそうした人材が集まってきたこと。私はそのことがうれしいと同時に、自信を持って、今申し上げたような日本の改革を推し進めることができる。このように思っております」

「そして、この多くの、民主党に集(つど)ってきたみなさんは、私も普通のサラリーマンの息子でありますけれども、多くはサラリーマンや、あるいは自営業者の息子で、まさにそうした普通の家庭に育った若者が、志を持ち、そして努力をし、そうすれば、政治の社会でもしっかり活躍できる。これこそがまさに本来の民主主義のあり方ではないでしょうか。そのみなさんとともに、このような課題を取り組んでいく上で、私の仕事は、ひとつの方向性をきっちりと明示をし、そして内閣、あるいは党をですね、その方向で、議論するところは徹底的に議論をして、みんなが納得した上でその方向にすべての人の力を結集していく。そのことが私の仕事だと考えております。ま、首相になったからには、もうあまり個人的な時間はとれない。本当なら53番札所まできているお遍路も続けたいところですけども、今しばらくはそれを、まさに後に延ばしても、ある意味では、官邸を中心に、これこそが修行の場だと、そういう覚悟で、日本という国のため、さらには世界のために、私のあらん限りの力を尽くして、よい日本を、よい世界をつくるために全力を挙げることを国民のみなさんにお約束いたしまして、私からの国民のみなさんへのメッセージとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます」

【官邸機能強化】

 −−首相は首相指名後の記者会見で、今回の組閣について『官邸機能をしっかりして内閣の一体性を担保する』と指摘している。首相も副総理として加わった鳩山政権は短命に終わったが、その背景にどんな構造的問題があったのか。今回の組閣では、その教訓を生かして、どこがどう変わるのか

「まあ、鳩山内閣において、私もですね、副総理という重要な役割をいただいていたわけですから、鳩山内閣が短命に終わってしまったことは、もちろん残念でありますし、私も大きな責任を感じております。ま、その上で、新たな、私の下の内閣は、やはり官房長官を軸にした一体性というものを考えて構成をいたしました。つまりは首相の下の官房長官というのはまさに内閣の番頭役であり、場合によっては、首相に対してもですね、『ここはまずいですよ』と言えるような人物でなければならない。よく中曽根康弘政権の下の(官房長官の)後藤田正晴先生の名前が出ますけれども、まさに、そうした力をもった方じゃなければならないと思っております。仙谷由人官房長官は私とは長い付き合いでありますけれども、同時に、ある意味では、私にとっても、煙たい存在でもあるわけであります。しかし、そういう煙たい存在であって、しかし、力のある人に官房長官になっていただくことが、この政権の一体性をつくっていく上での、まず、最初の一歩だと考えております。そして、その下に官房副長官、さらには各閣僚、そして副大臣という形を構成します」

【政と官】

「ま、この間、政と官の問題でいろいろ言われましたけれども、決して官僚のみなさんを、こう排除してですね、政治家だけでものを考え、決めればいいということではまったくありません。まさに官僚のみなさんこそが、政策やいろんな課題を長年、取り組んできたプロフェッショナルであるわけですから。そのみなさんのプロフェッショナルとしての知識や経験をどこまで生かして、その力を十分に生かしながら、一方で国民に選ばれた国会議員、その国会議員によって選ばれた首相が内閣をつくるわけですから。国民の立場というものを、すべてに優先する中で、そうした官僚のみなさんの力もつかって、政策を進めていく。このような政権を、内閣をつくっていきたいし、今日、全員の閣僚とそれぞれ10分程度でありますけれども、時間をとって話をいたしました。それぞれに頑張ってほしいということと同時に、必要となれば、私がそれぞれの役所のあり方についても場合によっては、官房長官を通してになるかもしれませんが、『もうちょっとこうしたらいいんじゃないの』と、こういったことも申し上げて、一体性と同時に政と官のよりよい関係性を、力強い関係性をつくっていけるように努力をしていきたいと考えております」

【関連記事】
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏
郵政改革法案成立で合意
仙谷官房長官が閣僚名簿を発表
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

小沢氏辞任で「一定のけじめ」と枝野幹事長(読売新聞)
事故被害者の父、裁判員を経験=「判断する立場、怖くなった」−千葉地裁(時事通信)
厚労省元係長の初公判=偽証明書の実行役―郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
弁護士刺殺、1人きりの時間を狙い襲撃か(読売新聞)
工作機械不正輸出未遂の会社を捜索 兵庫県警、兵器製造転用可(産経新聞)

「あかつき」打ち上げ成功 日本の存在感示せるか(産経新聞)

 日本初の金星探査機「あかつき」と、世界で初めて宇宙空間での“帆走”を目指す宇宙ヨット「イカロス」が、金星に向かって飛び立った。H2Aロケット17号機による打ち上げは成功したが、両機の正念場はこれからだ。

 金星の気象観測を目指すあかつきにとって大きな関門となるのは、周回軌道への投入だ。地球から電波が届くのに時間がかかるため、搭載した機器で自律的に状況を判断し、金星の重力圏に飛び込んでいく。

 日本は平成10年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」で周回軌道への投入に失敗した。この失敗以降、月探査機「かぐや」や6月に帰還する小惑星探査機「はやぶさ」で軌道制御の経験を積んできた。

 あかつきが金星付近に到達するのは12月。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の開発チームは「軌道投入が一番のヤマ場」と位置づける。

 あかつきとほぼ同じ航路を進むイカロスは、約14メートル四方の帆の展開が成功の鍵となる。

 円筒形の機体を回転させ、遠心力を使って樹脂製の膜を開く独自の方法を採用。回転速度を毎分5回転から25回転へと段階的に上げ、数週間後に完全に帆を広げる。展開後に薄膜太陽電池による発電を行う計画で、JAXAはここまでを最低でも成功させたい「ミニマムサクセス」としている。大きく広げた帆で太陽光を受け止め、燃料なしでの航行技術を実証できれば大成功(フルサクセス)だ。

 米国が火星探査を目標に掲げるなど、惑星探査は今後の宇宙開発の大きな柱となる。あかつきとイカロスを成功させることは、宇宙開発における日本の独自性と存在感を示すことにもなる。(中本哲也)

【関連記事】
宇宙ヨット「イカロス」も予定軌道に入る
H2A「ほぼパーフェクト」…打ち上げ成功で安堵の種子島センター
あかつきの分離画像を公開
金星探査機「あかつき」を打ち上げ
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動
中国が優等生路線に?

従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日(毎日新聞)
学校給食はワンダーランド 「焼きそばと生クリームパン」「うどんとたこ焼き」(J-CASTニュース)
口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)

<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)

 梶木剛さん73歳(かじき・ごう<本名・佐藤春夫=さとう・はるお>文芸評論家)19日、食道がんのため死去。葬儀は23日午後1時、千葉市美浜区高洲4の7の7の博全社美浜儀式殿。喪主は妻満洲子(ますこ)さん。

 著作に「斎藤茂吉」「柳田国男の思想」など。

5歳女児に虐待容疑=母親と祖父母逮捕―千葉県警(時事通信)
貯蓄残高、4年連続マイナス=証券保有高が大幅減―09年家計調査(時事通信)
<小沢幹事長>政倫審公開「どちらでも」 証人喚問は否定(毎日新聞)
<口蹄疫>「全頭処分、仕方ない」 宮崎の農家ら覚悟(毎日新聞)
政府方針、28日に決定=「首相発言」で調整―普天間(時事通信)

<岡田以蔵>刑死後145年、初の命日祭 高知・真宗寺山(毎日新聞)

 幕末に“人斬(ひとき)り以蔵”と恐れられた土佐勤王党員、岡田以蔵(1838〜1865)の命日に当たる11日、高知市薊野(あぞうの)北町1の真宗寺山にある墓前で、刑死後145年にして初めての命日祭が開かれる。NHK大河ドラマ「龍馬伝」を機に墓を訪れる歴史ファンが増え、地元住民が企画した。

 真宗寺山には以蔵を含む岡田家の墓のほか、三菱財閥創始者の岩崎弥太郎らを門弟に持った儒学者の岡本寧浦、絵師金蔵(絵金)ら高知を代表する先人の墓が点在する。歴史ファンが訪れることもあったが藪が多く、道も整備されていないため、墓までたどり着けない人もあった。

 このため住民組織「薊野コミュニティ計画推進市民会議」が03年から山を歴史の学べる場所にしようと、子孫を捜して許可を得るなどして昨年11月、12の墓を巡るコースを造った。子供も歩ける約2時間の道で、人物の案内板も設置した。

 西森一郎・同会議代表(79)によると、若者を中心に以蔵の墓を訪れる人が増え、お供えの花が絶えない。墓石は隣りあう一族の石より黒ずみ、「お酒をかけてあげる人がいるんでしょう」。これらの人気から、初の命日祭の開催を決めた。西森さんは「切るか切られるかの時代の中、信念を貫き通した以蔵に学びたい」と話す。

 命日祭は墓前で午後2時から約1時間、岡田家の子孫も出席する予定。以蔵への思いを伝えあう意見交換会も行われる。【千脇康平】

【関連ニュース】
福山雅治さん:色紙盗難 高知・龍馬博会場
坂本龍馬像:迫力、展望台で大接近…高知
千葉佐那:ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増
読めば読むほど:龍馬か竜馬か
草刈民代:寺田屋お登勢役「やらねばならぬ」 再び龍馬の“母”に 大河ドラマ「龍馬伝」

<谷亮子氏>参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
石原都知事 性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」(毎日新聞)
富士芝桜ようやく見ごろ 春のいたずらが幸い(産経新聞)
福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題(産経新聞)

谷垣氏「普天間返還の先送りだ」 党首討論(産経新聞)

 【党首討論詳報】(3)

 首相「谷垣総裁、私は核セキュリティーサミットの場でも、当然このオバマ大統領との会談の他にも、十分に日本の立場を示してまいりました。特にこのワーキングディナーのまず最初に冒頭に、私の方から演説時間を与えていただきましたことは申し上げておきたいと思います。決して核セキュリティーサミットを軽視しているとか、そのような思いを持っているというわけではありませんから。そのことはご理解いただきたい」

 「今、おたずねがありました。危険性の除去。この普天間の問題はまず、普天間の危険性の除去、安全性の確保というものが一番大事だ、そこからスタートしたと私は理解しております。従いまして、結果としてそれが普天間の返還になれば一番いいに決まっています。そしてそのことを当然求めていくことはいうまでもありません。しかし、まず一番大事なことは、普天間の周辺にお住まいのみなさんの危険性の除去というものを果たすこと。そして、沖縄のみなさま方の負担というものを軽減するということが大事であるということで私は申し上げたところでありまして、それが当然のことながら、結果として、普天間の全面返還につながるように、私としても最大の努力をすることは言うまでもありません」


 谷垣氏「総理、念のために申し上げておきますが、従来なら現行案であれば、2014年に普天間は返還だったんです。今総理のご答弁は、普天間を危険除去ということをおっしゃっただけでしょ。もしそういうことであるならば、われわれの今までの案からすれば大きな後退ですよ。そして、大きな後退であり、単に、先送り、これは大きな後退というだけでじゃなしに、普天間返還の先送りになるんですよ。そのことを申し上げたい」

 

 首相「今まで旧政権の下で何が起きたんですか。もうあとちょっとで、まさに辺野古に決めて普天間が返還できる。そんな状況ではなかったじゃないですか。だからこそ、私どもは新政権になって、新しい発想が必要だと申し上げているわけであります。2014年までに返還できる、あるいはそのことをお望みだったと思います。しかし、現実にあのときに、例えば強行して辺野古に、例えば埋め立てをするというような工事に取りかかれる状況ではまるでなかったじゃありませんか。それが、だからこそ、あと何年先になるかわからないと、私が申し上げたのは、そのことであります」

 「旧政権に任していればあのまま、普天間返還されずに2014年の期間がずるずる先延ばしされていた。まさにそうなったに違いない。それぐらい沖縄のみなさん方が、あの辺野古の海を埋め立てるのは困る。そのような思いを私どもに伝えてくださったから、だからこそ、私どもがあの選挙のときに、おかげさまで沖縄においても勝利をさせていただくことができたわけであります」

 「それは辺野古、あの海を埋めた立ててはならないという沖縄県民の意志だったじゃありませんか。だから私は2014年にこれからもできる限り、新しい移設先を求めていきながら普天間の、危険性の除去というものを行い、そしてその結果として普天間が全面返還されるように最大限努力します。それも2014年までにそれができれば、もっとものぞましいことであることは言うまでもありませんから、その努力はこれからも行ってまいることをお約束いたします」

【関連記事】
普天間移設 辻褄合わせは国益を失う
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」
普天間はどこへ…名護市長選を注視する宜野湾市民
「日米」強化に米国の忍耐を期待 相互理解が完全に欠如
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾−刷新会議(時事通信)
あしなが募金に理解を 高校無償化… 育英会が影響懸念 (産経新聞)
<科学ジャーナリスト賞>青野由利・毎日新聞論説委員が受賞(毎日新聞)
多数の刺し傷 京都・伏見の母子殺人 夫の行方捜査(産経新聞)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)

<岡部まり氏>民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)

 今年夏に行われる参院選の大阪選挙区(改選数3)に、タレントの岡部まり氏(50)が民主党公認候補として立候補する方針を固めたことが13日、関係者の話で分かった。14日に小沢一郎幹事長と大阪市内で会見する。同選挙区では民主党から2人目の擁立となり、自公共らの候補者と混戦が予想される。

 岡部氏は長崎県出身。89年から朝日放送の人気長寿番組「探偵!ナイトスクープ」に「秘書」(アシスタント)として出演している。

【関連ニュース】
<関連記事>岡部まり:参院選出馬?「ナイトスクープ」欠席
<関連記事>参院選:三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい
<関連記事>自民党:打倒!小沢ガールズ、三原じゅん子氏擁立へ
<関連記事>選挙:苫小牧市長選 東京五輪で金、渡辺氏が出馬表明
<関連記事>選挙:熊本市議増員選 松野明美さんが出馬表明、会見

<阿久根市議会>市長不信任案を全会一致で否決(毎日新聞)
ペット大量投棄事件、現場に慰霊碑建立検討(読売新聞)
ローソンに脅迫文、現金要求=カッター刃商品との関連捜査−警視庁(時事通信)
<参院>藤井懲罰委員長の辞任了承 後任に自民党の浅野氏(毎日新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)

雑記帳 うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)

 千葉県船橋市のJR船橋駅に12日、募金箱もあるブロンズ像「さざんかさっちゃん」が帰ってきた。昨年10月から5回も、心ない人に破壊され浄財を盗まれた募金箱を修復し、再除幕された。

 市の木サザンカをイメージして30年前に設置、背面の募金箱は約500万円を集め児童福祉に役立てられた。バールでこじ開けられたり、補修用テープをはがされるなどの被害に遭い3月から修理していた。

 募金活動の推進団体が100万円を投じ、鍵を二重に付けるなどの防止策を取って再公開。だが善意の心にまで鍵をかけられることはなく、早速寄付をする人も。うれしいな、さっちゃん。【橋本利昭】

女児ら3人はねられ重軽傷 大阪・高槻、飲酒運転の77歳を現行犯逮捕(産経新聞)
<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)
石原知事は出馬せず 夏の参院選で平沼氏(産経新聞)
川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)
トヨタへの訴訟併合=米加州で審理へ(時事通信)

「道路に飛び出さないで」=警視総監が新1年生に(時事通信)

 「道路を渡るときは飛び出さないで」。警視庁は6日、東京都墨田区立小梅小学校の新1年生を対象に、交通安全訓練をした。池田克彦警視総監は一緒に横断歩道を渡り、「よく左右を見てから渡りましょう」と呼び掛けた。
 40人の新1年生は同日が入学式。帽子に着ける交通安全ワッペンと黄色の横断旗が配られた。池田総監は先頭に立ち、近くの言問橋東交差点に移動し、周囲に気を配りながら手を上げて1周した。
 手をつないで渡った黒羽美瑛ちゃん(6)は「緊張したけど、うまく渡れた。右と左を見て、手を上げて渡ります」と話した。 

【関連ニュース】
AKB48の偽造握手券出回る=少年2人「男から買った」
「コンビニ強盗やった」と供述=計4件か、包丁所持で逮捕の男
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける

【Web】“国宝初”阿修羅像がiPhoneに(産経新聞)
<河村名古屋市長>応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)
別の1人も遺体発見=宝剣岳遭難−長野(時事通信)
読めますか?悩ましい古墳の名前(産経新聞)
<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)

遺棄容疑で出頭男を逮捕 スーツケース女性切断遺体 殺害も認める 石川県警(産経新聞)

 金沢市二俣町の山中で、スーツケースの中から頭部が切断された女性の遺体が見つかった事件で、石川県警金沢中署捜査本部は2日、死体遺棄の疑いで、金沢市安江町、自称無職、飯沼精一容疑者(60)を逮捕した。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は「頭部はスーツケースと一緒に同じ場所に捨てた」と供述、殺害についても「自分があやめた」と認めているといい、2日午前、石川、富山県境近くの山中で捜索を始めた。今後殺人容疑でも調べる。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は女性について「30代の外国人で、雑誌の女性紹介広告を通じて知り合った」と供述、身元特定を急ぐとともに、詳しい経緯や動機を調べている。

 逮捕容疑は昨年10月上旬、女性の遺体をスーツケースに入れ金沢市二俣町の山中に捨てたとしている。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は1日午後8時すぎ、弁護士に付き添われて同署に出頭。「大きく報道されて、毎日眠れなかった」と話しているという。

 飯沼容疑者が住んでいたとみられる金沢市安江町のマンションは、JR金沢駅から1キロと離れていない住宅街にある。マンション住民の男性は「近所付き合いはなく、お互い誰が住んでいるか分からない」と言葉を濁した。近くに住む女性は「静かな町なので、まさかという思いです」と不安そうに話した。スーツケースは3月26日、金沢市と富山県南礪市を結ぶ県道脇のがけ下で建設作業員が発見、29日に中から首を切断され、頭部がない女性の遺体が見つかった。

東京スカイツリー 東京タワー抜く 高さ338メートルに(毎日新聞)
<雇用調整助成金>不正受給2億円 厚労省が対策強化へ(毎日新聞)
「僕が仲裁に」橋下知事、虐待通報呼びかけ(読売新聞)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)
<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)

校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)

 東京都江戸川区の区立小学校の前校長(59)が、保護者の女性と性的な関係を持っていたとして、今月1日付で更迭されていたことが25日、分かった。

 前校長は身分を区教育委員会付とされ、自宅で謹慎中という。

 前校長は、学校行事などで知り合った保護者の女性と2008年に校長室で性的な関係を持ち、その後も女性を同校の臨時職員として採用するよう区に推薦し、関係を続けていたという。

 今年2月、臨時職員を退職した女性から相談があり、区教委は「校長として不適切」として、処分権限のある都教委に報告した。前校長は、近く懲戒免職処分となる見込み。

築地移転ストップも、民主が用地費削除案決定(読売新聞)
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ(医療介護CBニュース)
死刑執行、国民感情に悪影響=中国に懸念伝達へ−官房長官(時事通信)
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)
政治とカネなどで集中審議を要求へ 野党3党国対委員長(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
オークス
探偵社
日本ダービー
2ショットチャット
主婦 キャッシング
携帯ホームページ
携帯ホームページ
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM